■リアル収支大公開■賃貸併用住宅を建てました。#へーベルメゾン

二世帯住宅 兼 賃貸併用住宅 へーベルメゾンを建てました。かかった費用を余すことなく公開していきます。新居での暮らしもアップしていきます。

頭金200万振り込み

■頭金振り込み、そして契約

 

ヘーベルハウスで建て直すと決断、

頭金200万振り込み。

そして正式に契約。

 

頭金200万の内訳は、

●建築確認申請設計図書作成費

●契約書印紙

●住宅性能評価料

●狭隘(きょうあい)道路申請手数料

●中高層申請手数料

●建物代金一部充当

 

頭金は建設費の10%程とネットなどを調べると出てきますが、私たちは200万で済みました。

現金が必要になる場面は他にも出てきますので、頭金が200万円で済んだのは幸いです。建築までにかかった現金はこちらでまとめています。ぜひ参考になさってください。

  

 

へーベルハウスの口コミを見てみた

■へーベルの粗を探す

 

家を建て替えたい。

へーベルハウスってどうなの?

ネットで口コミを見てみよう!

 

いい口コミばかりじゃない、悪い口コミも出てくる!

●夏暑くて、冬寒い

●騒音が気になる

●自転車をぶつけたら外壁がかけた

 

など。

やっぱりほかのメーカーも見て回ったほうがいいかなぁ・・・と思った矢先、気づいてしまった…。

 

構造面を悪く言っている口コミが一つもない・・・! 

 

むしろ、

"構造はたしかに頑丈だけど、冬寒いです"

とか、

"震度4でも気付かないくらいです。でも隣の部屋のテレビの音が気になります"

みたいな、悪い口コミを書いてる人ですら構造を褒めてるのが多い…😯

 

今の時代、とにかく安心な生活を送りたい私達夫婦。。。

災害に強い事が何よりも大事です。

 

暑いとか寒いとかは、住んでみて本当にそうなのか、確かめてみよう!と、もうへーベルで建て直す決意がいつの間にか固まっていたのでした。

 

 

建てるまで、建ててからのリアル収支をこちらで公開しています。ぜひ参考になさってください。

 

実際にヘーベルハウスに住んでからの詳細は、また後程書きますね。

 

冒頭の悪い口コミに関しては、全く問題ない、という事は言っておきます。

 

 

 

へーベルハウスでマイホームを建てた理由

■二世帯住宅構想から賃貸併用住宅へーベルメゾン建築へ

 

実家が古くボロボロ…

そろそろ建てなおしたい。

二世帯住宅を建てよう!

 

なぜヘーベルハウスを選んだか?

地震・火災に強くて安心

●優れた防音性

●空室率の低いへーベルメゾン

 

など色々理由はありますが、本当の最初のきっかけは、

住宅展示場で2歳の我が子がヘーベルハウスの家を選んだから、です笑

そこで話を聞いて、8割方気に入り、その後のへーベルハウス見学バスツアーにて建築の意思を固めました。

 

なぜ賃貸併用住宅にしたか?

●家賃収入が魅力的

●自分たちの住むスペースにそこまで広さを求めていなかった

 

へーベルメゾンを建てるには一戸建てを建てるよりもお金がかかります。しかし、家賃収入を得られる、しかも空室率が低いへーベルメゾンなので安心。

世間からのへーベルメゾンの信頼感が高いのです。

しかも30年一括借り上げなので、万が一の空室でも家賃は保証してくれます。

 

建てるまで、建ててからのリアル収支をこちらで公開しています。ぜひ参考になさってください。

 

ヘーベルハウスの30年一括借り上げにの詳細は、また後程書きますね。

 

 

 

■賃貸併用住宅■リアル収支一覧

賃貸併用住宅を建てるには、現金がいくら必要なのか?

賃貸併用住宅の建設をお考えですか?

でしたら、ぜひ下の収支一覧を参考になさってください。

先日、賃貸併用住宅を建てて暮らしている者です。

建てるまでにかかった額、住み始めてからかかった額を、リアルタイムに更新していきます。

 

●立地…駅から徒歩3分

●土地…約40坪・借地

ハウスメーカーヘーベルハウス

●建物…へーベルメゾン3階建て(鉄骨マンション)

●部屋数…5部屋(家族使用…2部屋、賃貸部分…3部屋)

●ローン借り入れ…9600万円・金利1.09%(10年固定・35年ローン)

 【現在までの収支一覧】

f:id:asahikawas:20210120113336j:plain

 

住み始めてから2か月の時点で、手持ちの”現金”で支払った額は900万円を超えました!!

ただ、今後は賃貸部分の家賃収入などがあります。

この表を随時更新していき、どのような推移になっていくか、楽しみにしています。

 

お金がかかった項目の説明も一つずつ書いていく予定です。

ぜひ、今後の参考にしてください。